1ヶ月で模試のベクトルで満点を取った生徒がやっていたこと

この前の4月末に行われた全統共通テスト模試でベクトルで満点を取ったと報告してくれた子がいた。

その子は浪人生で、現役の時はベクトルを使わない受験方式だったため、学校で習って以来4月からベクトルを再度勉強し始めた子だ。

つまり、1ヶ月ちょっとの間ベクトルを勉強して、共通テスト模試で満点をとるレベルまで到達したのだ(これはベクトルを勉強したことがある人なら、いかにすごいことかわかると思います)

当塾の指導でここまでになったという自慢ではなく、この子自身の能力と努力によるところが当然大きい。

しかし、なぜそこまで短期間で伸ばすことができたのかその要因は何なのかをその子とのやりとりの中で、具体的に見えてきたので今回言語化してみたいと思う。

ベクトルを1ヶ月で習得できた秘訣は主に2つある。

問題集の作成者の意図を汲み取る

1つは、問題集の作成者の意図を汲み取ろうとしながら勉強しているということ。その子は、その問題集に載っている問題や解説にどういった意図があり、そこから何を伝えようとしているのかを必死に読み取っていた。

ある日の質問で、「私の解き方と解説のやり方が違っていて、解説ではなぜこのように書かれているのですか?」というのを聞かれた。

普通、質問と言ったら、「この問題がわからないので教えてください」という趣旨の質問が多い。もちろん、これらの質問が悪いわけでもない。

しかし、その子は、答えの正誤だけでなく、解説で書かれていることの意図まで汲み取ろうとしていたわけだ。

これは結構高度なことである。ほとんどの受験生はそこまで意識できていないし、意識しようと思っても習慣化するまで難しい。

でも、問題を解けるのを良しとするだけでなく、その問題や解説の意図まで掴もうという姿勢でいたら、初見の問題でも見え方は変わってくる。

入試では受験生の能力を図るために問題を出しているわけだから、何の力を問われているのか、メタ的な視点で問題を見れるようになり、問題の難しさやポイントがわかるようになる

問題集のやり方に素直に従ってみる

2つ目は、問題集のやり方に素直に従ってみるということ。1つ目と比べると、だいぶハードルの下がった内容であるものの、逆にハードルが低すぎるが故に意外と実践できている人は少ないんじゃないかなと思う。

この子は当塾で使用している教材「数学リニア(高校数学を最短最速で終わらせられるように設計された塾の教材)」を使用している。

その教材では、事細かに問題をどう解いてほしいのか指示してある。たとえば、「ベクトルの矢印の図をかけ」「問題文もそのまま書き写せ」「理由と具体例をあげよ」と言った指示が一部の問題にある。

また、どの問題が何分以内にできたら次に行っていいのかという基準も明確に定まっている。

要は、生徒からすると面倒な指示がたくさんあるのだ笑

他の教材でも、面倒な指示がたいてい最初の方のページにあり、どのように使っていくことを想定しているのか、あるいはどのように使って欲しいのかが書いてある。

これらは、問題集を作っている人が面倒なことを受験生に押し付けようと思ってそういった指示を書いているのではなく、本当に必要だと思って書いている。

結局勉強に限らず、面倒なことの向こう側でしか見えないことがあるのだ。

それを面倒だからやらない、ちょっとサボっちゃおうという意識でいると、結局成績が充分には伸びない。

その指示の必要性を完璧に理解するのは難しい。けども、まずは素直に全力でやってみて欲しいのだ。そこで自分ができていない箇所や思っていたより理解できていなかった箇所が見つかれば万々歳である。逆にそういった箇所がなければ、そこで初めて、時間をかけるべきところを選定して、もっと先に進めるだとか、解説の読み込みに時間をかけるだとか、別のところに時間をかけていけばよい。

いきなりオリジナルにやろうとせずに、まずは素直に取り組んでみてほしい。

とは言っても、全員が最初からこれら2つのことをできるわけではないので、当塾ではみんながその境地に達せられるように指導の日々が続く。。

まとめ

ベクトルを1ヶ月で習得できた秘訣

  • 問題集の作成者の意図を汲み取ろうとしながら勉強している
  • 問題集のやり方に素直に従ってみる

理系のための大学受験塾SoRaでは、
理系の受験生の悩みを全て解決します。

受験を乗り越えられるか不安

何から始めれば良いか分からない

このままで合格できる気がしない

理系専門の先生に教えてもらいたい

理系で受験する人なら、どの研究分野に進むか、どんな勉強法でやっていけば良いかなど、さまざまなことに悩むと思います。そんな悩みは、SoRaの無料体験相談でぶつけて下さい!

これまに理系の受験生を指導してきた豊富な経験や、先生自身の経験を元に、どんなに些細な悩み事でも親身になって相談に乗ります。

理系専門の先生に
教えてもらいたい

このままで合格できる
気がしない

受験を乗り越えられるか
不安

何から始めれば良いか
分からない

理系で受験する人なら、どの研究分野に進むか、どんな勉強法でやっていけば良いかなど、さまざまなことに悩むと思います。そんな悩みは、SORAの無料体験相談でぶつけて下さい!

これまでの理系の受験生を指導してきた豊富な経験や、自分自身の経験を元に、どんなに些細な悩み事でも親身になって相談に乗ります。

ステップ1

問い合わせ・体験授業の申込み

まずは無料受験相談&無料体験のお申込みフォームからお気軽にご連絡ください。

ステップ2

オンライン面談

保護者様とご本人様の三者面談または、ご本人様との二者面談で現状のお悩みを聞き取りします(無料受験相談はここまで)

ステップ3

無料体験授業(60分×4回)

SoRaの授業を無料で体験いただきます。無料体験指導は最大4回ご受講できます。SoRaは自学を中心とした塾なので、2週間という体験期間を設けております。

4回の内訳は以下のようになります。
1コマ目:1週間の勉強計画立て
2コマ目:メイン科目の指導
3コマ目:1週間の勉強計画立て&振り返り
4コマ目:メイン科目の指導

ステップ4

学習カウンセリング

無料体験授業を通しての所感や今後の課題を詳しくお伝えします。

ステップ5

入塾の手続き

ご納得いただければ正式に入塾のお手続きをお願いいたします。

無料受験相談&指導
お申込みフォーム

※無料受験相談&指導は入会を強制するものではありません。

ご入力頂きましたメールアドレスまたは、携帯電話の方に24時間以内にご連絡を差し上げます。

理系のための大学受験塾SoRa

Email:contact@rikei-sora.com